知っていますか?合掌の意味

0120-377-594
知っていますか?合掌の意味 斎場ねっとのお別れ葬 

葬儀や法要、お墓参りや仏壇の前で、私たちは合掌し礼拝します。当然のように行っている所作ですが、なぜ合掌をするのかみなさんはその意味を考えたことがありますか。

今回は合掌の意味や由来などについて、お話ししてみたいと思います。

仏と命あるものが一体となる

合掌するという所作は、仏教が生まれたインドで発祥したものです。日本には仏教伝来とともに伝わってきました。インドにおいては、右手は清らかなもの、左手は不浄なものとされています。

同様に仏教において、右手が仏様の世界、左手が衆生(しゅじょう)の世界を現しているといわれています(衆生とは全ての生き物という意味)。両手を合わせることで、仏様と衆生が一体となるという意味を持ちます。

つまり葬儀などにおける合掌とは、仏様と人間が一体となり、成仏を願う気持ちを表したものなのです。

相手への敬意や尊敬を表す

また仏教において合掌をすることは、相手への敬意や尊敬を表す意味も持っています。インドをはじめアジアの仏教国では、人とすれ違う時や別れる時などの挨拶で、両手をあわせることがあります。

この場合の合掌は、相手のことを大切に思っているということを表現しているのです。

また仏教では、手紙の最後を合掌という文字で締めくくりますが、これもまた相手への敬意を表したものと言えるでしょう。

正しい合掌と礼拝の形

正しい合掌と礼拝の形は、まず親指を除いた指が45度前方に傾くように、みぞおちの前で両手を合わせます。肩や肘を張らずに自然な形で背筋を伸ばします。

数珠を用いる際は、左の手のひらにかけ、両方の手のひらをその数珠を挟むように合わせます。手を合わせたら一度御本尊を仰ぎ、静かに上体を45度傾け一礼します。

まとめ

食事の挨拶の際にも手を合わせ「いただきます」ということがありますが、これも命に感謝し敬う心を表したものだといえるでしょう。何気なく行っている左右の手のひらを合わせる行為にも、深い意味があったのです。

当たり前のように行なっている合掌ですが、その意味を正しく理解することで、故人への供養の気持ちがより深くなっていくのではないでしょうか。

  • LINEで送る
  • twitterでツイート
  • facebookでシェア
  • メールで送る

新着記事

カテゴリー

必要に応じて手配可能なサービス

お坊さんご紹介

お寺とお付き合いされていない方へお寺のあるお坊さんをご紹介いたします。

お坊さんご紹介サイトへ
葬儀お花お届け便

【送料無料】 供花(葬儀の花)を全国の斎場・葬儀場・寺院・ご自宅などにお届けできます。

葬儀のお花注文サイトへ
0120-377-594

斎場ねっとのお別れ葬 葬儀のコラム

葬儀のコラム 葬儀のコラム一覧へ