相続に必要な戸籍謄本について

0120-377-594

結婚、出産など人生の節目において、必ず手続きが必要となるのが戸籍の届出。パスポートの取得をはじめ、様々な手続きの証明書として利用されるのが戸籍謄本ですが、相続手続きのためにも欠かせない書類です。

しかし「謄本と抄本の違いは?」「改製原戸籍って何?」など分からない点が多いもの。

今回はそんな戸籍謄本の基礎知識についてお話ししていきます。

謄本と抄本の違いは?

まず「謄本」とは戸籍に記載されている全ての内容の証明です。つまり夫婦と子供1人の家族であれば、家族3人全員が記載されたものです。

これに対して「抄本」は家族の一部を証明したもの。夫婦だけの分、又は子供だけの分を証明したものなどを「抄本」といいます。

戸籍がコンピュータ化されているところは、謄本が「全部事項証明書」抄本が「個人事項証明書」と呼ばれます。

 

除籍謄本と改製原戸籍

結婚や離婚によりそれまでの戸籍から新しい戸籍に移ったり、死亡などにより最終的にその戸籍に誰もいなくなると、その戸籍は閉鎖されることになります。この閉鎖された戸籍の証明書を「除籍謄本」といいます。また転籍(本籍地を変更すること)によって閉鎖された戸籍も除籍謄本になります。

現在の日本の戸籍制度は、明治5年から始まっていますが、法令の改正により、戸籍の様式や書き方が何度か変わっています。大きな改正の1つに、それまで戸主を中心とした家単位で編成されていた戸籍が、戦後夫婦単位になったことが挙げられます。また前述の戸籍のコンピューター化においても、それまで縦書きの様式だったものが、横書きに改められました。

このように戸籍の様式が変わり新しいものに書き換えられた時、それまでの古い様式のものを「改製原戸籍」といいます。

 

戸籍の書き換えにおける移記事項とは

この戸籍の書き換えにおいては、古い戸籍にある内容が新しい戸籍に移されることになりますが、全ての内容が移されるわけではありません。書き換えの時点で戸籍から抜けている人などは、新しい戸籍に記載されません。

つまり夫婦と子供1人の場合、子供が結婚して戸籍から抜けた後に戸籍の書き換えがあった場合には、夫婦の事項しか新しい戸籍に記載されないことになるのです。そうすると新しい戸籍を見ただけでは、子供の存在が分からないことになります。

 

まとめ

相続手続きにおいては、亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本を取得することが必要になります。

出生時の戸籍が除籍になっていたり、養子縁組、結婚、離婚などの要因で戸籍を移った分だけそれぞれ必要というわけなのです。本籍地が居住地とずっと一緒であればまだいいのですが、転勤とともに本籍地を変えていて、その間に戸籍の書き換えも行われているとなると、取り寄せるだけでも大変な作業。

難しくて面倒な書類と思えてきますが、基礎知識として頭に入れておきましょう。

 

  • LINEで送る
  • twitterでツイート
  • facebookでシェア
  • メールで送る

新着記事

カテゴリー

必要に応じて手配可能なサービス

お坊さんご紹介

お寺とお付き合いされていない方へお寺のあるお坊さんをご紹介いたします。

お坊さんご紹介サイトへ 0120-377-594

斎場ねっとのお別れ葬 葬儀のコラム

葬儀のコラム 葬儀のコラム一覧へ