歴史は浅い⁈「先祖代々之墓」「〇〇家之墓」

0120-377-594
歴史は浅い⁈「先祖代々之墓」「〇〇家之墓」

現代の日本における一般的なお墓といえば、柱状の石を重ね「先祖代々之墓」「〇〇家之墓」と正面に書かれたものです。

お墓とは火葬した遺骨を入れた骨壺を納め、家族単位で構成されるもの。これが古くからの日本のお墓の形と思いきや、現代のようなお墓の形になったのは意外と最近の事なのです。

今回は日本におけるお墓の歴史をひも解いてみたいと思います。

死後は土に還る「風葬」「土葬」

古墳に見られるように、日本において死者をお墓に埋葬する歴史は古代から続いています。しかし古墳は天皇などの特定階級の人々に限られたこと。

遺体置き場で遺体をそのまま放置する風葬、遺体をそのまま埋める土葬が、庶民の間では一般的なものでした。

現在のようなお墓という形は庶民の間には存在せず、死後は土に還るといった考えに基づいていたのです。

石のお墓は江戸時代中期から

現在のような石を重ねた形のお墓が広がったのは、江戸時代中期からと言われています。

石のお墓を建てられるのは、武士や貴族などの有力者の話で、庶民は共同墓地に土葬されるのが一般的。盛り土をして目印となるような石を置いたり、木を立てたりといった簡単なものでした。その後、檀家制度により葬儀や供養が生活の中に浸透していったことから、庶民の間にも墓石を建てることが広がりました。

またお墓は、もともと個人や夫婦単位のものでした。家単位で作られるようになったのは、江戸時代の檀家制度の普及と、明治時代に入って庶民も名字を持つようになったためといわれています。

 

墓地の敷地不足と火葬の普及

歴史は浅い⁈「先祖代々之墓」「〇〇家之墓」

また今でこそ火葬が一般的ですが、火葬が普及し始めたのは明治時代中期頃からのこと。都市部の人口増加に伴って墓地の敷地が不足したため、スペースをとる土葬にかわり火葬が普及していったのです。

それに加えて、個人のお墓よりも家単位のお墓の方が場所をとらないことが、現在のような「〇〇家之墓」が広がった要因ともいえるでしょう。

しかしそれが地方まで広がったのは、昭和30年以降のこと。現代のお墓の形は、歴史としてはごくごく浅いものなのです。

まとめ

現代は、お墓の継承問題、おひとりさま、墓じまいなど、お墓に関する課題を抱える方々が多くなりました。家への帰属意識が低下している今、墓石に刻まれた「先祖代々之墓」「〇〇家之墓」という概念も変化が生じて当然と言えるでしょう。

死後は土に還るという昔の考えに立ちかえれば、今注目の樹木葬や散骨は決して目新しいものではないのです。

現在主流である石のお墓は、変革期を迎えつつあるのかもしれません。

  • LINEで送る
  • twitterでツイート
  • facebookでシェア
  • メールで送る

新着記事

カテゴリー

必要に応じて手配可能なサービス

お坊さんご紹介

お寺とお付き合いされていない方へお寺のあるお坊さんをご紹介いたします。

お坊さんご紹介サイトへ 0120-377-594

斎場ねっとのお別れ葬 葬儀のコラム

葬儀のコラム 葬儀のコラム一覧へ