外国籍の方が亡くなったら

0120-377-594

日本で暮らしていた人が亡くなった時、外国籍か日本国籍を有するかで対応が違う点が多々あります。海外から勉学や働きに来る人も増えている今、知っておいても良いかもしれません。

亡くなったらすぐに!

日本で外国籍の人が亡くなると、日本の戸籍法が適用されます。遺族は、住民登録している市町村への届け出が必要になります。市町村から法務局を経由して外務省へ連絡されます。その国との協定などに基づき、相手国領事館などへ死亡が通告されるのです。その際には在留カードの返却の義務もあります

領事館とのやり取りは遺族が行っても構いませんし、第三者、弁護士や葬儀社に頼むこともできます。代理人を立てる場合は、若干時間がかかることもあるので注意しましょう。

土葬か火葬か

故人の宗教によって土葬か火葬か違ってきます。日本人にはなじみが薄いのですが、世界では土葬が多いようです。土葬にする場合や祖国へ遺体を移送する場合、時間がかかるため、エンバーミングを施します。エンバーミングとは、薬剤を使い遺体に防腐処理を施し、美しく長期保存ができる技術の事です。余談ですが、この技術では、長期の療養や事故などで損なわれていても元気だったころの姿に近づけることも可能です。

海外への移送は、貨物として運ぶため、そのための書類も別途必要になります。領事館と処置をしてもらう病院に故人のパスポート、死亡通知書を提出しなくてはいけません。処置後は、領事館に遺体処理担当医による証明書も提出します。さらに領事館職員立会いの下、納棺し梱包証明書(棺の中に遺体以外入っていないことを証明する)を作成します。

移送する

輸送手続きは、該当国との協定などにより様々な規定があるため、最新情報のチェックが必要です。先ほども書きましたが、貨物として運ぶため、通関手続きが必要です。この手続きはより専門性が高いため、代行業者へ依頼するのも良いでしょう。

火葬する場合は死亡診断書が2通必要です。1通は市町村へ、1通は領事館へ提出し、埋火葬許可証を取得しましょう。訳2週間から1か月ほど時間がかかるといわれます。その間遺体の処置を行えないので、海外へ移送するケースもあります。領事館職員が手伝ってくれますが、航空便や空輸の手配は遺族で行います。

まとめ

神戸・函館も有名ですが、今回は横浜山手にある外国人墓地を紹介します。海を見下ろすロケーションから観光地としても有名です。19世紀から20世紀半ばにかけて40か国以上、4400人余りの外国人が埋葬されています。1854年、ペリー提督の2度目の来日の際に「ミシシッピー」号から転落死しました。このアメリカ海軍水兵のために日本政府に墓地の提供を要請しました。それに応えて、増徳院の境内の一部を提供したのが始まりといわれています。基本的に一般公開されていませんが、週末のみ公開する日もあるので、管理事務所に問い合わせのうえ、行かれてみてはいかがでしょうか。

  • LINEで送る
  • twitterでツイート
  • facebookでシェア
  • メールで送る

新着記事

カテゴリー

必要に応じて手配可能なサービス

お坊さんご紹介

お寺とお付き合いされていない方へお寺のあるお坊さんをご紹介いたします。

お坊さんご紹介サイトへ 0120-377-594

斎場ねっとのお別れ葬 葬儀のコラム

葬儀のコラム 葬儀のコラム一覧へ